miraiTALKロゴ

みらいTALKとは

みらいTALKトークとは?

当会は、障がいの有無や家庭環境に関わらず、浜松市及び近隣の地域に住む全ての子どもにとってより良い未来、地域社会を築くことを目的とし、子どもに関わる多職種(医師、保健師、臨床心理士、保育士、弁護士、ソーシャルワーカーなど)が集まり、2009年 5月より“子どものより良い未来創る会"として活動を開始し、2013年4月より“みらいTALK" に改称し、2016年4月に一般社団法人となりました。
子どもと家族、そしてそこに関わる人々を“つなげる"“ささえる"“しらべる"“ひろげる"事業を展開していきたい、と考えています。

活動目的

障がいの有無や家庭環境に関わらず、浜松市及び近隣の地域に住む全ての子どもにとってより良い未来、地域社会を築くことを目的として下記の事業を行います。

  1. 子どもに関わるあらゆる人々をつなげる、防災ネットワークなどのネットワークづくり
  2. 障がいなどにより支援を要する子どもと家族を、学習支援等を通して支援する事業
  3. 支援を要する子どもと家族の実態を調査し、課題を明らかにする事業
  4. 支援を要する子どもと家族を取り巻く状況・課題に関する講演会活動などの啓発事業
  5. その他上記の目的を達成するために必要な事業

役 員

代表理事   平野浩一
理事     宮本健・村山恵子
監事     堀内剛


みらいTALKパンフレット[PDF:707KB]

about画像

プロジェクト

みらいTALKの活動は、主に
「子ども」「障がい」「防災」をキーワードとした
3つのプロジェクトを事業を柱として、
さらなる相互作用で活動領域を広げています。
project image


障がいと防災

project image
防災時の備えから、子どもに関わる
あらゆる人々をつなげるネットワークづくり


東日本大震災では多くの貴い命が失われましたが、とりわけ障がいをもつ方は一般の方の2倍以上の死亡率であったことが報告されています。
また、幸い命は助かっても、障がいをもつ方は、避難所生活でも多くの困難を抱えやすく、いざというときにも避難所に行くこと自体を躊躇する家族が多いのが現実です。
みらいTALKでは、障がいをもつ子どもの防災をテーマに勉強会や講演会、各種ワークショップを行っています。とりわけ2013年から開催している「障がいをもつ子と家族のための防災サバイバルキャンプ」では、障がいをもつ子どもたちとそのご家族にとって、災害がどんな状況をもたらすのか、避難所では具体的にどんな困難が生じるのか、命を守るために優先すべきことはなにか、家族や支援者が準備しておくべきことや避難所運営上の工夫など、多くのことを体験的に感じ、考え、語りあい、備えを整えていく術を得ることができました。
しかし、災害は、どんなに準備していても、想定外の状況を生むものです。
想定外の状況を乗り切るための備えとなるのは、迅速かつ柔軟に助けあえるような、顔の見えるネットワークです。
いざという時に支えあえるネットワークづくりを、プロジェクトを通じて行っています。

ひなんじょであそぼう「サバイバルキャンプ&防災ワークショップ2014」より

子どもの学習支援

project image
障がいなどにより支援を要する
子どもと家族を学習支援などを通して支援する事業


平成28年11月から浜松市中区で支援を要する子どもの学習支援事業を開始しています。
平成29年4月からは毎週木曜日(18:00~21:00)に、社会人・大学生ボランティアさんのご協力を得て、福祉施設を会場としてお借りして学習支援を行っています。学習のあとにはおやつ・ごはんの提供も行っています。
また、福祉専門職等と大学生が同行訪問するアウトリーチ(家庭訪問型)の支援も行っています。
活動にボランティアとしてご協力いただける方や、活動を支えるための寄付も受け付けております。(コンタクトのフォームよりご連絡ください。)


●貧困

経済不安のある家庭の子どもへの支援
経済的問題を抱えると、家庭のちからで学力を伸ばすことが難しくなります。学力の向上が子どもに将来の希望を育てます。
アウトリーチ型(家庭教師型)と言われるこのケースでは、福祉専門職等と大学生が同行訪問します。

●不登校

登校できない子どもへの支援
再び登校できるようになるためには、学習の遅れを取り戻すことが不可欠です。自信を持つことが登校の維持につながります。

●居場所

夜間ひとりで過ごす子どもへの支援
両親の共働き、ご近所・親戚づきあいがあまりない、夜間ひとりで過ごしている等の状況にある子どもたちの居場所としての機能をもちます。



研究・啓発事業

project image
支援を要する子どもと家族を取り巻く状況・課題に
関する講演会活動などの啓発事業


講演会・シンポジウム・勉強会の開催や調査・研究を行います。
去る平成29年2月26日(日)には、問題を抱える家庭の子どもの学習支援についての講演会・シンポジウムを開催しました。講師として「任意団体子どもサポーターズとしま」の皆様をお迎えして講演会を、シンポジウムではスクールソーシャルワーカ一の平川悦子氏、浜松市子ども家庭部・子育て支援課の平野由利子氏ら専門の方々と実際に活動を支えているボランティアの大学生グループを交え、ホットな討論が繰り広げられました。

活動履歴


2017年

2017年2月26日
<ベネッセこども基金助成事業・講演会&シンポジウム「こどもたちはみんな輝く来来を生きる価値がある」
子どもサポーターズとしま様をお迎えして学習支援に関する講演会&シンポジウムを開催しました。<
講演会&シンポジウム記録[PDF:302KB]

2016年

2016年7月26日
Dinner & TALK 「障がいをもつ人のための保険のはなし」
2016年4月1日
一般社団法人の登記を行い「一般社団法人みらいTALK」となる。
一般社団法人みらいTALK定款[PDF:223KB]
2016年3月

2015年

2015年10月17日~18日
ふじのくにNPO活動基金 助成事業『障がいをもつ子と家族のためのサバイバルキャンプ & 防災ワークショップ2015』
場所:浜松市発達医療総合福祉センター体育館(浜松市指定福祉避難所)
参加者:障がいをもつ子、障がいをもつ方、外国籍の子ども、およびその家族13家族36名(申し込み15家族44名)
サバイバルキャンプ & 防災ワークショップ2015体験のしおり[PDF:4.8MB]
ひなんじょで遊ぼう[PDF:3.2MB]
2015年9月13日
『災害時に自立した人々を作るために~楽しく学ぶ防災のすすめと地震ITSUMO講座~』
NPO法人プラス・アーツ理事長 永田宏和氏
場所:浜松市発達医療総合福祉センターホール
参加者:51名(防災関係者、福祉関係者、教育関係者、当事者など)+スタッフ10名
2015年8月29日~30日
『つながる海の日プロジェクト』
場所:浜名湖競艇
内容:団体紹介ブース出店 および 医療班として活動
2015年7月15日
出張出前講座『災害お役立ち情報~障がいをもつ子と家族のためのサバイバルキャンプ & 防災ワークショップから~』
場所:静岡県立西部特別支援学校

2014年

「子どもの貧困」に関するプロジェクトを開始する。
・シェルターについての勉強会
・児童相談所ケースワーカーによる勉強会
2014年8月~3月
静岡新聞びぶれ「ホップステップスマイル」連載取材協力

2013年

2013年9月
「障がいをもつ子と家族のための 防災サバイバルキャンプ&防災ワークショップ」開催。
100円ショップで揃える防災用具[外部リンク]
2013年4月
会の名称を「みらいTALK」に改称。
「子ども」「障がい」「防災」をキーワードとしたプロジェクトを開始する。

2012年

2012年6月27日
講演会事業 miraitalk & Dinner vol.3
「特別支援教育の立場からみた障がいをもった子どもの進学・就職について 」
ゲスト 横村明美氏(浜松特別支援学校城北分校教諭)
2012年3月1日
講演会事業 miraitalk & Dinner vol.2「企業経営者からみた障がいを持った子どもの就労について」
ゲスト 松田和敏氏(マツダ食品代表取締役)

2011年

2011年10月14日
講演会事業 miraitalk & Dinner vol.1「子育て情報サイト運営から見えてくる子どもを取り巻く現状について」
ゲスト 原田博子氏(NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ理事長)

2010年

2009~2010年
子どもをとりまく諸問題について月例勉強会を実施。

2009年

2009年5月
子どものより良い未来を創る会 設立

各種募集・お問い合わせ


正会員・賛助会員の募集

正会員
当会の主旨にご賛同いただき、会の運営に携わっていただける方
<年会費>3,000円
賛助会員
当会の主旨にご賛同いただき、事業資金の支援をいただける方
<年会費>3,000円
右のフォームより必要事項をメールいただき、下記へお振込ください。
会員・協賛募集要項[PDF:556KB]

振込先:
浜松信用金庫 駅南支店
普通2088022
一般社団法人みらいTALK

正会員・賛助会員募集

協賛の募集

当会の学習支援活動に際し、大学生ボランティアの交通費および子どもの送迎費、軽食費で、年間約200万円の費用が必要です。
そこで、協賛広告費としてご協賛いただけます団体・企業・医院・商店等を募集しています。
当会の活動にご賛同いただき、ご支援くださる方は右のフォームより必要事項を入力し、ご連絡ください。
協賛をいただいた団体・企業・医院・商店等のお名前は、その年に当会が主催するシンポジウムや講演会の配布資料に掲載させていただきます。
<協賛金:一口10,000円〜>

振込先:
浜松信用金庫 駅南支店
普通2088022
一般社団法人みらいTALK

学習支援の資金募集[PDF:736KB]

協賛広告の募集

ボランティア募集

[サバイルキャンプ&防災ワークショップ2019] ボランティア/実行委員
一緒にキャンプしませんか?
現在、イベント企画運営に携わる実行委員と当日サポーしてくださるボランティアを募集しています。
仕事内容:
実行委員:サバイルキャンプイベント設営準備、当日の運営
ボランティア:参加者・家族の介助、実行委員サポート
サバイルキャンプ実施日
日時:2019 年 9月14 日(土)10:00 ~ 15 日(日)11:00
会場:静岡県立浜北特別支援学校
〒434-8505 静岡県浜松市浜北区中瀬1621
ボランティア&実行委員募集要項[PDF:305KB]

右下ボタンのフォームより必要事項を入力いただくか、メールでもお申込みいただけます。►ボランティア申し込みメールアドレス
希望される参加形態によって、件名「ボランティア募集の件」あるいは 「実行委員募集の件」とお書きください。

ボランティア募集

サバイバルキャンプ参加の募集


サバイバルキャンプ2019概要
医師、保健師、心理士、保育士などの専門職のサポートのもと、家族で避難所お泊まり体験ができます。
日時:2019年9月14日(土)昼 ~ 15日(日)午前
会場:静岡県立浜北特別支援学校
〒434-8505 静岡県浜松市浜北区中瀬1621
参加費:おひとり 1,000円


※参加受付は締め切らせていただきました。多数のお申込みありがとうございました。








講演会・シンポジウム参加の募集

※現在、募集は行っておりません。

その他お問い合わせ

」印の項目は入力必須になります。

お名前
フリガナ
メールアドレス
確認用メールアドレス
お問い合わせ内容